スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたDVD観賞。

2010年01月20日 22:45

無事にサイトも復活したようで何よりです。

で。
またまたDVDをレンタルしてきました。
本当はクリミナルマインドの続きを観たかったのですが、見事に他の誰かに先をこされて借りられていたので、前から気になっていたこれをチョイス。

かもめ食堂 [DVD]
かもめ食堂 [DVD]

いやー、ほのぼのして良いですねー!

フィンランドで『かもめ食堂』という日本食の店を出している女性。
でもお客さんは全く誰もこなくて、やっと来た! と思ったらアニメオタクの若いおにーちゃん。ニャロメのTシャツを着て、ガッチャマンの歌を知りたいんだけど、知らない? なんて訊いてきて。
でも、マイペースな主人公は気にしない。
本気でガッチャマンの歌がどんな歌詞だったか思い出そうと必死。

そして、そんな主人公と偶然出会った日本人女性のミドリ。
彼女もいつの間にか『かもめ食堂』で働くことになり、何とかお客さんを入れたいと主人公よりも熱心に考え出す。
この店にくるお客さんがアニメオタク君だけなんて悲しいんだ! とばかりに色々やり始め、主人公もそれを楽しみながらやるようになり。

そんな二人のところに現れる、色々な人々。
味があって良い作品でした。

でも、スーツケースに入っていたキノコの意味が解らなかったなあ。
誰が入れたのか? それともアレは幻覚を見せる怪しげなキノコだったとか? だって、光ってたし。
それ以外に何か深いメッセージがありそうな気がするんですが、ただ単にフィンランドに残ってみるのもいいよ、というきっかけだったのか?
それとも、深く考える場所ではないのかも?

それともう一枚観賞。

アマゾンだと出てこなかったのですが、「ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬」という作品。
児童書が原作らしいのですが、上質なファンタジーで楽しかったです。

原作はこれらしいです。
ちょっと読んでみたい。

まぼろしの白馬 (岩波少年文庫)
まぼろしの白馬 (岩波少年文庫)

死んだ父が残したのは一冊の本だけだった。その父はギャンブルで屋敷すら失い、帰る場所をなくした主人公は叔父のところに引き取られることに。
家庭教師の先生も、「亡くなったご両親にあなたの面倒を見ると約束したから」と主人公と一緒に馬車に揺られて叔父の屋敷へ行くも、叔父の二人へ対する冷ややかな態度に困惑気味。

しかも、たった一つの遺品でもある本も叔父に取り上げられ、主人公は「こんな家!」とばかりに屋敷を逃げだそうとする。
でも、そう簡単にはいかなかった。なぜなら、彼女にはやらなくてはならない使命が決められていたからだ。

ずっと昔に、『月姫』という心の綺麗な女性がいて、不思議な力を持つ真珠を持っていた。心の綺麗な人間にしか手にすることができない、真珠のネックレス。
しかし、その真珠は人間の本性を映し出し、ある男性たちの欲望を露わにさせた。
『月姫』が愛し、結婚しようとした男性は『月姫』ではなく不思議な力を持つ真珠が欲しかっただけ。
そしてまた、他の男性もその真珠を狙っていて、種族同士の争いへと発展し、その醜い争いを前にして真珠は争うことしかできない彼らに、そしてこの土地に呪いをかける。
その呪いをとかなければ、やがて彼らが住んでいる谷は闇に飲み込まれてしまう。

そして、その呪いをとくことができるのは、次の『月姫』。
月姫として選ばれた主人公は、どこかに隠されているらしい真珠のネックレスを探し出し、争いを続ける二つの種族を仲直りさせなくてはならない。

……と、いう感じ。

うん、やっぱり原作が読みたくなってきました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/2107-a8db8f7c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。