スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画とか色々。

2009年04月13日 21:15

映画の「トワイライト 初恋」を観てきました。

母親に彼氏ができたため、離婚して遠くの田舎町に住んでいる父親のところにやってきた主人公、イザベラ。
そこは雨が多い町。
新しい学校に編入したイザベラは、ある男性に興味を抱く。
エドワード・カレン、その町に住むカレン医師の養子。色白で美形、他人を寄せ付けない雰囲気。
エドワードは最初、隣の机に座ることになったイザベラに冷ややかな視線を投げるが、やがていつしかその態度が変わっていき、イザベラが事故に巻き込まれそうになった際、彼女を助ける。
とても人間とは思えない力を使って。

吸血鬼と人間の恋。

いやー、久しぶりに恋愛物を観ましたが面白かったです。
何つーかアレだね、外国の人っつーのは凄い口説き文句をはけるんだね。うーん、(観たことはないですが)ビバリーヒルズ高校白書(だったっけ?)に出てきそうな美形のおにーちゃんにあんな甘い言葉で口説かれたら一発ですよね!

しかも、何だかんだ言ったって主人公の危機には守ってくれるし。

血への渇望に対して苦悩してるし。悩んでる美形っつーのは絵になりますしね!(そこ?)

恋愛比率95パーセント、残りの5パーセントはアクション、みたいな感じでまとまってました。
またいいところで終わりになったな、と思ったら原作はこの続きがあるんですね。

うっかり買っちゃいました。

トワイライト 上 (ヴィレッジブックス)
トワイライト 上 (ヴィレッジブックス)

トワイライト 下 (ヴィレッジブックス)
トワイライト 下 (ヴィレッジブックス)

トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)
トワイライトII 上 (ヴィレッジブックス)

トワイライトII 下 (ヴィレッジブックス)
トワイライトII 下 (ヴィレッジブックス)

それと、久しぶりにクーンツの本を購入。

オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)
オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)

さらに、トワイライトでリンキンの曲がかかってるなあ、と思いながらスタッフロールを観ていたら、ラストにかかった曲が良かったのでうっかりそのアーティストのCDを購入。
映画に使われていた曲は、まだサントラにしか収録されていないようなので、次のアルバムに期待か?

ライオット!
ライオット!

今流行のガールズロック系。結構ライトな感じ。
曲によっては、ちょっとドラムが目立ってる感じがします。ギターとベースにもがっつり頑張ってもらいたい。
でもボーカルの声質はめっちゃ好みです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/2071-042c3fb3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。