スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホステル 無修正版

2009年01月02日 14:53

ホステル 無修正版 [DVD]
ホステル 無修正版 [DVD]

タランティーノが制作に関わっているということもあって気になっていた作品。

でも、無修正版とかグロそうとか拷問シーンが凄いらしいとか情報だけは聞いていたので、二の足を踏んでました。
ホラーは好きですが、グロすぎるのは苦手なんです。
ソウ3で開頭手術をするときのシーンなんか、素で「いーやー」とのたうち回って、結局4以降見てません。だって、どんどんショッキングになっていくんだもの。限界。

でも、タランティーノだし。笑えるところもあるかもしれないし。
と、思い切ってレンタル。
そして、観賞した後の感想としては、よかった、それほどグロくない。

バックパッカーでヨーロッパ旅行をしている三人の男子学生たち。彼らは、どうすれば美人の女の子をナンパして熱い夜を過ごすことができるか考え中。
そうしているうちに、ある若い男性と出会う。
彼は、「女の子が欲しいなら、いいところがある」と言い出す。
「スロバキアのホステル(ホテルやモーテルみたいなものなんでしょうか)では、女の子たちは皆積極的で、外国の男性と簡単に寝る。いってみたほうがいい」なんて言葉に乗せられて、実際にいってみると、そりゃもう女の子たちは積極的。
いい思いをしたその後は――。

一人目、あっさり死亡。
二人目、え、こっちが先に死ぬの?

みたいな感じになり、ラストで三人目が反撃開始。

生首はいかにも偽物っぽくてほっとしました。
眼球ってあんな感じになるのかな、と首を傾げたり、傷口から怪しげな液体が噴き出すときには「えー」と思ったりも。
三人目が殺されそうになった時には、敵が自分のミスでピーになって「えー」
ストリートキッズたちがガムをもらってあっさり人間まで殺してしまうところも「えー」
日本人だという設定で出てきた女の子が、めっちゃカタコトの日本語を。

ツッコミどころ多いな、と笑ってしまったのですが、この「ホステル」、B級ホラーの中では結構良い感じだった「キャビン・フィーバー」の監督の作品だと知ったので、納得。
キャビン・フィーバーもとんでもなくて笑えました。
良しとしよう。

それと、パルプフィクションの映像が作品中にテレビに映っていたのも良い感じ。

しかし、アレですよね。一般的なホラー映画だと、1で生き残った人間が2の冒頭で死ぬというのはお約束なんですが、これもそうなんでしょうか?
2もレンタルしているのかもしれませんが、もうおなかいっぱいなのでレンタルは却下ー。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/2038-8e609f21
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。