スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた観てます。

2008年07月05日 23:59

というわけで、エルム街の悪夢の2と3を観賞。

1の主人公だったナンシーの住んでいた家に引っ越してきた一家。そこに住み始めたジェシー(男性)が悪夢を見始める。

お前の躰を乗っ取ってやんぜー! と、フレディ登場。テンション高いな、相変わらず。

2は、今見てみると王道だったなあ、と思う次第。
1の流れを引き継ぎつつ、手堅くまとめた感じがします。現実と夢の境目が解りにくいところが良い。え、今、どっち? みたいなどきどき感があり。
つか、あのコーチは本当に変態さんだったのか? 夢の中だけじゃないのかな? そういうどきどき感もあり。

で、3。
こっちは、1と同じウェス・クレイヴン脚本。
うん、飛ばしている(色々な意味で)。

これまではフレディとの一対一の戦いになりがちだった話を、仲間同士で力を合わせて戦うぞ、という展開になってます。
夢の中では皆超能力者、なんていう若者の萌え要素(違うか?)が入ってて良いですな。
1の主人公だったナンシーも再登場して盛り上げます。
笑いどころもたくさんあって素敵でした。

ちなみに、ドッケンの曲が格好良いなー、と思っていたらミュージッククリップが収録されていました。
映画のシーンと組み合わせる感じの映像でしたが、TAMAのドラムセットを使ってるのかー、という発見もあり、フレディの可愛い姿(キャラクターが立っているというのはこういうことか?)も見られてお得な感じでした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1891-c0911427
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。