スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ。

2008年05月15日 23:59

レンタルもこれで打ち止め。

タロットカード殺人事件
タロットカード殺人事件

主人公はジャーナリストを目指す学生、サンドラ。その彼女の元に現れたのは、敏腕ジャーナリストだった男性、ジョー。しかもジョーは幽霊だった。
ジョーは特ダネを持っているという。最近世の中を賑わせている連続殺人、タロットカード殺人――娼婦ばかりを狙う殺人犯で、必ずタロットカードを現場に残していく――の犯人を知っているというのだ。
でも、ジョーは悲しいかな幽霊であり、この特ダネを追うことができない。そこで、偶然波長があってしまったサンドラに「調べてスクープを上げろ」と言う。

容疑者は英国貴族の男性、ピーター・ライモン。
そしてサンドラは、偶然一緒に幽霊を見るハメになった老マジシャンのシド――口から生まれてきたんじゃないかと思えるくらいのおしゃべり好きじいさんと調査に乗り出した……が、容疑者と恋に落ちて前途多難。

という、最初から最後までゆるーいコメディミステリ。
本当に最後の最後まで緊迫感とかには縁がない。謎解きとかは全くないですし、コメディ主体でミステリは味付け程度ですね。
つか、タロットほとんど関係ないー。
個人的には、ラストくらいはもう少し緊迫感があったほうが好みだったのですが、それはそれ。気楽に観られる作品でした。

で、これが観終わったのでまた電子書籍化に戻ってみる、そんな夜なのでありました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1862-c8c07a6c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。