スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝ると言っておいて。

2008年02月20日 23:59

うっかり布団の中で読んでました。で、読了。

水妖日にご用心 (ノン・ノベル 840 薬師寺涼子の怪奇事件簿)
水妖日にご用心 (ノン・ノベル 840 薬師寺涼子の怪奇事件簿)

うーん、アマゾンの評価の低さが納得できてしまうのが悲しい。
半分くらい読み進んでしまえば、引っかかるところが少なくなっていくのですが(少なくなるだけですが)、それまでがつらい。
あからさまにモデルが誰なのか解る政治家を登場させて、あれほど愚かな人間として書くのはアリなんでしょうか。
読んでいてとにかく悲しかったです。せめて、モデルが誰なのか解らないように書いていてもらえれば、「あっはっは、バカだー!」と笑い飛ばせたような気がします。
今回は、ストーリーよりも、人物設定やその彼らに対する批判や皮肉に考えさせられる本でした。

お涼サマと泉田さんの微妙な位置関係が好きだったのですが、今回はそれらしいところがどこにもなくて残念。完全に上司と部下の関係になってしまったんだなあ、と。

次の巻を買うかどうか悩むところです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1813-2483b9fa
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。