スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆面作家企画3 あとがき

2007年10月03日 23:58

こっそり書いてみます。
結構長くなってしまってどうしようかと。
■作者名

nekoi

■サイト名&アドレス

猫のあしあと。
http://www.h5.dion.ne.jp/~nekoi/

■参加ブロック、作品番号、作品タイトル、作品アドレス

B-01 その空に神は存在するか(別窓)

■ジャンル

SFファンタジーでしょうか。

■あらすじ

某アーケードゲームの試作品をチェックするバイトをやっている大学生、月嶋輪。
久しぶりにバイトにいくと、そこで奇妙な話を聞く。バイト仲間が殺されたというのだ。

■意気込みテンプレを使用された方は、URLを教えてください。

http://nekoi2000.blog23.fc2.com/blog-entry-1719.html(別窓)

■推理をかわすための作戦は?

元々ライトファンタジーばかり書いていますので、私が書きそうにない内容とタイトルを選びました。
おかげさまで当サイトの文章を読み慣れているかたには外していただいて、大満足です。

あとそうそう、私には会話文の後に地の文を続けるという癖(というか文章の流れでそう決めているルール)があるのですが、今回は一カ所だけになるように配分しました。一カ所なら改行ミスだと思っていただけると思って。

■この人にだけは当てられたくない、と思っていた探偵さんの推理はいかがでしたか?

いえ、とくにはいらっしゃらなかったので、問題なし。

■この人には当てられるかも、と思っていた探偵さんの推理はいかがでしたか?

tomoyaさんの感想には唸りました。
もちろん、「壁|ー ̄)ニヤリ」とさせていただきました。もう、色々な意味で脱帽です。あれだけ読み込んでいただければ、書いた甲斐があったというもので。
で、確定はできないけども……と言われつつ、見事に当てられたというか。
個人的に、tomoyaさんの豊富な知識の上に成り立っている作品には惚れ込んでいるので、このかたには何となく当てられそうな気はしていました。やっぱり鋭かったですね。

■あなたが当てたいと思っていた作者さん、当てることができましたか?

tomoyaさんだけは! その他は惨敗!
「人でなしの恋」はパソコンネタだし、天城さんだと思いこんでました。確かにちょっと葉山さんかもしれないとは思ったんですが。
なぜだ、やっぱり勘に頼ってはいけないのか!(当たり前)

■今回の推理のポイントはなんでしたか?

そのかたが書きそうなもの……と狙ったのがいけませんでした。自分を振り返ってみれば、一応フェイクかけてるじゃん、みたいな!
次はもうちょっと読み込んで時間をかけて推理します。

■作品のネタを思いついたきっかけは?

本当は「冬」に参加しようと思っていたので、ぎりぎりになるまでまったく何も考えてませんでした。
でも、年齢制限ありの場合だとあまりおおっぴらにサイトで宣伝できないかなー、とか考えて急に思い立った結果。

1本書く。→ 微妙にばれそうな作品になるのでボツにする。

しばらく前にいったゲーセンで、ガンダムのアーケードゲームのマシンを見て「パイロットカードを購入して、さらにゲームのお金がかかるのかー。貧乏な私には無理だなー」とか思いつつ、二十代、三十代の男性陣がひっきりなしに入れ替わり立ち替わりしていたのを思い出しました。

で、これでいっとく? みたいな。

ちなみに、私は全くのゲーム素人です。
ニンテンドーDSで脳トレするくらい……。

■ストーリーの構築において気を使った点、苦労した点などあれば教えて下さい。

典型的な王道ストーリーを目指したので、あまり苦労した感じはないですね。
下手にひねって主人公をマネキンにしたり(前回、マネキンとかクリスマスオーナメントだからといった理由でばれました。オカシイ……)、変わったキャラクター設定にしたりすると、バレる可能性があると思ったので、ひたすら王道、王道……。

■削ったエピソードなどありましたか? 作成裏話歓迎です。

とにかく20枚の制限が最大の敵で、色々削りました。削れるところは全部すっきりと。
本当はケイコが殺されるエピソードもちょっとだけ追加したかったです。
それに、あともう少し枚数があればゲームのタイトルももっと格好良いものをつけたかったな、と。色々ゲームのタイトルは考えたのですが、20枚という敵の前には、三文字のタイトル「空の王」は大変魅力的で……(そういう理由?)。

■その作品の続編または長編化のご予定は?

この後の彼らの話のアウトラインはだいたい決まっていますが、多分書かないと思います。
やっぱり、王道で攻めたものなので、この後の展開も王道を貫く感じになっています。こういった設定を面白く書くのは難しいな、と。

でも、続きが読みたいとおっしゃってくださったかたもいて、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。

でも、ラスト一回、ということでやってしまったバージョンアップですが、そのラスト一回のときに色々問題が起こるのもお約束ですよね。
前回でやめておけばよかったんだ、と思える展開になるわけで。

クロダはもっと学習能力がアップしているわけですから、彼の行動ももっと複雑になります。
今回出した人数よりも多くのプレイヤーがあの人格育成プログラムの中には存在し、さらにゲーム会社の人間も多く関わってきます。
クロダは『外界』へ接触して色々動き回ることになったり、最終的にはリングと対決することになるなあ、と。
今考えているラストよりもがつんとくるようなラストが思い浮かべば、書いてみたい気はします。
やっぱり王道から少しだけずらしたい気が拭えません。

■その作品で気に入っている箇所はどこですか?

リングが単純なところ。
でも、今後『人間的な』精神的成長をすることになるかなあ、と。

■推理期間中、褒められた点は?

王道だけれども面白いと言っていただけたことですね。

■推理されてみて、いかがでしたか?

推理してくださっている皆さん、さすがによく読み込まれているなあ、とどきどきしました。
その推理過程を読ませていただいていると、本当に楽しかったです。

■あなたの作品だと推理された作品はありましたか?

公式掲示板と自サイトのメールフォームから送ってきていただいたものを合わせると、見事にばらけました。
予想されなかった作品を上げたほうが早そうな……。

■あなたの作品が他の方の作品だと推理された作者さんはいましたか?

袋小路はまるさんです。

すみません、すみません。見事に推敲ミスでコンピュータと書くところをパソコンと書いていたり、尾翼と書くところを比翼と書いていたり、あああ、せめて誤字とかない状態でそう思われていたら、まだ……!

個人的に、袋小路はまるさんの作品だと思っていただいて光栄でした。とてもしっかりとした的確な文章を書かれるかただと思っていますので、だからこそあの私の誤字が……!

■推理してみて、いかがでしたか?

訊かないで下さい。惨敗です。

■あなたの正解率、どのくらいでしたか?

私の作品を当てるほうの正解率、という意味だとして、20パーセントくらいでしょうか。

■この企画に参加して、改めて気づいたことはありますか?

皆さん、文章に特徴があるなあ、と。
私は文章がシンプルであるため、皆さんの書きかたが参考になります。ああ、こういう比喩表現があるのか、とか。

■参加作品の中で印象深い作品をあげてください。

「人でなしの恋」

いや、同じブロックを読んでいて、この作品を読んだときにニヤリとしました。私のサイトにメール形式の作品があるため、もしかしたら皆さん、私が書いたと誤解してくれるかも! と失礼なことを考えたことは秘密です。

■参加作品の中で印象深いタイトルの作品をあげてください。

C-02  空色の爪。あるいはおとぎの国のゴスロリ探偵。
D-05  ぼく、ボスです

いやもう、とにかく印象的です。

■参加作品の中で面白かった3作品&一言感想、お願いします。

A-08  両手を握りしめて叫んでいた
家族って難しいですよね。あのラストでじんわりときました。

C-02  空色の爪。あるいはおとぎの国のゴスロリ探偵。
問答無用で好きです。ミステリ好きならぜひとも。

C-09  うつせみ
こちらも、問答無用で好きです。巧い。

E-04  鹿神様の宝箱
好感の持てるキャラクター、良い読後感、何しろ面白い。

E-08  リルハの真珠
描写が美しい。ちょっと泣きました。

E-09  1Gの世界
とにかく巧さに唸らされた作品。ただ凄いです。

三作品におさまらなかった……。

■探偵さんに一言。

推理してくださったかた、読んでくださったかた、皆様ありがとうございました。
始まった直後辺りは皆さんが別のかたの作品だと推理してくださっていて、こちらとしては「してやったり」でした。
このままラストまで……と祈っていたら、よもぎの森さんに当てられて、素で変な声を上げました。冬に参加されるようでしたら、ぜひとも当て返したいです。

■他の参加者さんに一言。

本当にお疲れ様でした。

■次回(あるかも?)について一言。

冬は読者として楽しませていただきます。
もし、その後もあるようでしたら、ネタさえ思い浮かべばぜひ参加させていただきたいな、と。今度は推理も頑張りたいです。

そして最後に。
主催者のかた、下読みの方々、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
とても楽しい企画でした。これからもよろしくお願い致します。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1735-7687dff5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。