スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ダイ・ハード 4.0」

2007年07月11日 23:18

ダイ・ハード 4.0」を観てきました。

ダイ・ハード3は外した感じが強かったものの、今回は面白かったです。そりゃもう最初から最後まで派手で息をつかせぬ展開、というのか。

もちろん、普通だったら死んでるパターンが目白押しですが、そんな細かいところは気にしない。

絶対に死なない男、ジョン・マクレーン再登場。


今回の事件は、クラッカー(ハッカー)たちが連続で殺されるところから始まる。
とある実験に参加したクラッカーたちが、口封じのために殺されていく。

そんな中、FBIのシステムに不正侵入した痕跡が発見され、その疑いのあるクラッカーたちを全員調べろ、と警察にも通達が。
ジョン・マクレーンが文句を言いながらも、命令通りに、ある男性をFBIに連れて行こうとアパートに訪問。

そこで、襲撃を受ける。降り注ぐ銃弾、果てには爆発まで。

まあ、普通の人間だったらここで死んでる。死なないのがジョン・マクレーン。
まあ、敵もなかなか死なない。普通だったら死んでる死んでる。

で、FBIにクラッカーの若造を保護して連れていくと、もうすでに辺りにはサイバーテロによる混乱が。

次々に麻痺するシステム。そのサイバーテロの構築を(そうとは知らないうちに)手伝った人間が狙われている。

再度襲撃を受けるマクレーンたち。しかし、敵は強すぎて勝ち目はない?


いやあ、皆さんいい味を出してました。
クラッカーの若造も、マクレーンの娘も、敵のおねーちゃんも。
途中に出てきた「アルマゲドン」という台詞にニヤリとしたり、「C.C.Rはカビの生えた音楽」という若造の言葉に、「にゃにおう!?」とか思ったり。「雨を見たかい」は名曲だと思うけどなー。

まあ、そんなことはさておきとして面白かったです。
満足。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1661-ca866c72
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。