スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また観ました。

2007年06月23日 23:19

16ブロック
16ブロック

酒浸りで刑事の仕事にも熱が入らないジャック。そんな彼に任せられたのは、ある証人を16ブロック先の裁判所に送り届けること。
面倒になりながらも証人を連れて車に乗り、そして襲撃される。
「お前、何を見たんだ?」
ジャックが証人――まだ若い青年に訊くと、「警官が子供の口の中に拳銃を突っ込んでたのを見た」

襲撃したのは悪徳警官。警察に都合の悪いことを証言する人間を殺そうとする警官たち。
彼らはジャックの同僚。そして親友。


くたびれた刑事役のブルース・ウィリスが良いですね。
酒浸りで腹も出てて冴えない普通の男。過去の影を引きずって酒にしか逃げる場所がない。
ダイハードみたいに銃で撃たれようが爆弾を打ち込まれようが絶対に死なないジョン・マクレーンとはまた違った魅力があり。

また、ジャックと一緒に逃げる羽目になるモス・デフもとても良い。
あのラストは良かったなあ。じんわりきました。

もう一つのエンディングというのも収録されていましたが、やっぱり劇場公開版のほうを一押し! 満足!


さて、まだ観たいDVDが何枚かあります。いい加減、そろそろ執筆モードに切り替えなくては、とか思ったりも。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1649-06e1704f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。