スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ザ・シューター/極大射程」

2007年06月07日 22:15

ザ・シューター/極大射程」を観てきました。

一言で言えば、華やかな銃撃戦。

一流のスナイパー、ボブ・リー・スワガー。戦争で相棒を亡くし、その傷を抱えながら現在は孤独な生活を送っている。唯一、心を許しているのは飼っている犬。

そこに、大統領暗殺の計画があり、それを何とか阻止してもらいたいという依頼が入る。スワガーはそれに協力し、何とか暗殺を未然に防ごうとしたが、実はその依頼こそが罠だった。
いつの間にか暗殺を企てたのはスワガーだと仕立て上げられ、命を狙われることになる。

しかし、スワガーは狙撃、サバイバルにかけては一流だ。彼は反撃に出る。


という内容。
映画的なストーリーで、見所あり。でも、かなりあっさり風味。
ラストはちょっと、ああいう解決でいいのか、と首を傾げてしまった感じはありますが、あれはあれでいいのかなー。

現在、まだ原作を買って冒頭を読み始めたところでとまってますが、冒頭も随分原作と映画は違っているんですね。
それに、原作の主人公ってもっとおっさんだと思ってたので、映画では格好良い若いにーちゃんになっていたのもびっくり。

でも、これから原作を読み進めますが、原作のほうが映画よりも面白そう。原作に期待しよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1635-b5386854
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。