スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サド……?

2006年10月12日 23:59

バイト先で友人と変な会話をする。

友人「よく、サドだっていう人がマゾの人を縛ったりしてるじゃん?」
私「うん、まあ、サドだからね」
友人「俺から言わせれば、『縛ってください』と言われて縛っているようでは、本当のサドではないです!」
私「何で?」
友人「そういう場合は、『縛らせてもらっている』なのです。そんなのサドじゃない!」

……

私「でも、無理矢理縛ったら犯罪よ?」
友人「そこはそれ、テクニックで」
私「どんなテクニックだ」
友人「厭だと言っているのに、だんだんその気にさせ(略)」

ちょっと仕事が忙しかったので、テンパってたのだと思われます。
多分。
もしかしたら。


閑話休題。

さて、『辺境の魔術師』に反応をいただいて嬉しいです。
ありがとうございます。
思い起こしてみれば、サイト開設のときから『三つの月』と一緒に書いていた作品なので、ここまでの道のりは長かったなあ、と。
まあ、微妙に中途半端に終わってますが、後は適当に「続きはこうなるのかなあ」と妄想していただければ!

「裏カモーン」的なコメントもありがとうございます。
枕を涙で濡らして良いかな?

何しろキースがあんな感じなので、もしも続いたらかなりハードなことになりそうです。
む、無理じゃないっすか?

さて、以下は拍手やメールのレス。
>拍手

>キース、シーン!!裏ページ~お願いします。~

このシリーズが好きと言っていただいて本当に嬉しいです!
もう、このコメントを見た瞬間に怪しい笑みを浮かべてしまいました。
もしも裏ページを作ったら、よろしくお願いします……(もしも、ですが……)。

>日記のところの猫が可愛い♪

猫は可愛いですよね!
あの、無邪気な顔が! 歩いている姿が! 後ろに落ちているところが!

>辺境、一応(←強調)完結おめでとうございます。~

強調されてるー!?

いやいや、お祝いありがとうございます!
終わりました!
続編希望、ありがとうございます。そう言っていただけると、本当に嬉しいです。
年齢制限が出なそうであれば問題ないのですが、どう考えてもキースとクローディアの過去とか出てきたりとか(そうしたらピーもありそう……)、シーンがピーとかありそうですので、難しいところです(笑)。
番外編という手もアリですね。そうしたらよろしくお願いします!

>メール

>「ペルシア猫のあしあと アール・スタンリー・ガードナー著、探偵物?」って多分~

おお、ペリイ・メイスンシリーズって有名ですよね。まだ未読ですが!
海外ミステリは好きなので、そう聞くと興味津々ですね。
最初はエラリィ・クイーンや有栖川有栖さんのタイトルにありそうな感じだなあ、と思ったことは秘密です。
しかし。

>おもしろいっすよ。(入手困難だけど)

∑( ̄ロ ̄;)

>うがー!なんかいいところで終わってしまった!~

わはは、あんなところで終わりました! 続編希望ですか!
ありがとうございます。しかし、「150%くらいの内容で」って、21禁を目指したほうがよろしいですか?(!)
ああ、新しい世界が開けそう……(  ̄  ̄)

>こんにちは。辺境の魔術師、完結おめでとうございます。~

完結のお祝い、ありがとうございます!
あの、微妙にダークな部分も好きだと言っていただいて嬉しいです。それに、クローディアの登場に喜んでいただいて……。
キースに影響を与えた女性であるだけに、ちょっと登場させるのは不安でした。皆様がどう感じるかなあ、と(笑)。
それに、クローディアの前だからか、キースの歪みも一気に出ましたね。

倒錯的で良いというコメントにも嬉しくなりました!
まだまだ話的には続きそうな感じですが(人形遣いの魔術師はこれからシーンに色々関わってきそうですね)、クローディアもたまに出てきそうですし、キースの過去も出てきそうな感じが(笑)。

あのラストではシーンがぐったり(笑)してましたが、何とか貞操は無事のようです。おそらく、風前の灯火でしょうが、彼は今後も必死に抵抗するのだろうなあ、と。
もし続いたら、途方に暮れながら執筆するような気もしますね!
本当に嬉しいコメント、ありがとうございました。
書いた甲斐があるというものですね!

>辺境の魔術師いったんの完結おめでとうございます!~

∑( ̄ロ ̄;)

いったん……いったん……

そ、そうですね。年齢制限がかからなかったら、ぜひ続きを執筆……



ε=ε=ε=ε=ε=ε=┏( ;_;)┛



それはさておき!
クローディアの登場に喜んでいただいて嬉しいですよ!
本当に彼女はゴーイングマイウェイ(笑)。きっとこれからもあのまま突き進みそうですね。
シーンはキースに押し倒されそうですし、そうしたら18禁サイト間違いなし……あああ。
で、銀髪は好きっぽいですね、彼女(笑)。クローディアもシーンも長い銀髪ですものね。

しかし、しかし!

「辺境」がこれからも続くかどうかは微妙なところです。年齢制限という高い壁が立ちふさがっておりますので!
でも、万が一裏ページとか作ったらよろしくお願いします……(万が一ですが)。

そして、あの猫も可愛いですよね!
本当に飼い主は何をやらせているのか!
あの、後ろに下がっていってしまう光景が素敵でした。何の疑いも持っていないつぶらな瞳も素敵ー!

>いやはや いつも楽しく拝見しております( ̄ー ̄)~

ありがとうございますー!
あんなとんでもない性格のクローディアですが、キースも惚れる、と言っていただいて嬉しいです。
キースは、かなりの部分をクローディアに影響を受けていると思われます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1442-ce622d53
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。