スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ですね。

2006年07月13日 23:59

夏の定番? ってなわけで、ジプシーキングスのアルバムを聴いてみました。ビールが飲みたくなるのは何故だ(ビールのCMで使われていたからね)。
ビールのつまみには枝豆とか焼き鳥とか鰹のたたきとかイカ刺しとか唐揚げとかダイエットって忘れていたほうが良いんですか。

グレイテスト・ヒッツ
グレイテスト・ヒッツ

ちなみに、このアルバムに入っているメドレーが好きです。

さて、「三つの月」にたくさん反応をいただいて幸せ!
以下はレスです。色々書いてます。長文ー。
>メール

>リョーコが段々芯から強くなってきてますね~

ありがとうございます! 戦う決意をする女の子、お好きですか! 私も好きです。
しかし、本当にリョーコは鈍感です。セス王子も苦労しているというか何というか、まあ、頑張ってもらおうと思います。
これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

>拍手

>そういえばどうしてカイザル王国以外の国は女神の血族を飼いならそうとしないんですか?

ご質問ありがとうございます!
気になっていただいて嬉しいです。ネタバレにならない程度なら、がっつりと答えさせていただきますー。

元々、女神の血族は絶滅寸前の種族でした。旧世界の神聖語が存在した時期に勢力を震っていた種族というか、何というか。
その数少ない生き残りを色々な手を使って捕まえ、繁殖させたのがカイザル王です。
所有印も、彼の配下の魔術師たちが作り出したもので、その方法は他の国の人間には伝わっていないというのが現状です。
もちろん、彼らを敵に回したらどこの国家も滅ぼされるのが解っているので、あらゆる手を使ってカイザル王国と友好関係を結んできたというのが今までですが。

まあ、権力者というのは他国を手に入れたくなるものですよね……( ̄ー ̄)

この辺りの説明は、リョーコ編3、「三つの月が眠るまで<5>」辺りで小説内で書けたらなあ、と企んでおります。
まだまだ先ですね!(笑顔)

>この作品がタダで読めることに~

何て嬉しいことをおっしゃっていただいているのか!
ありがとうございます! 私は、そう言っていただけることに感謝します。
まだまだ先は長いですが、ぜひぜひお付き合いくださいー。

>管理人様も管理人様の書かれる小説も大好きです

私はそう言ってくださるあなたが大好きです!

>管理人様にプロポーズしたいくらいです

幸せにしてください(そっと手を握りながら)。

>つ…続きがあぁぁ~~~っ!!

うふふ、のたうち回っていただいてありがとうございます!
続きが気になるように狙って書いてますので(ニヤリ)、そう言っていただけると怪しい笑みが……。

>更新ありがとうございます~!!

反応ありがとうございますー! コメントをいただけるとやる気が倍増です。
リョーコとバリーに応援もありがとうございます。セス王子にも、別のところで頑張ってもらおうと企んでます(笑)。

>死にそうなセス様に希望を与えつつ、無意識に傷口に塩をすり込むようなリョーコの台詞に~

親指を立てていただいてありがとうございます!(笑)
うっかりこのコメントに笑ってしまいました。確かに塩を擦り込んでる!
リョーコって罪作りですなあ……( ̄ー ̄)

>今回は比較的バリーがまともに見える~

ええ、今回くらいはふざけてもいられないようで(笑)。何せ、相手が相手ですものね。
そりゃあ、隙があらばセクハラしそうですけども、そこまでいくかどうか(笑)。

>ここ二日かけて「三つの~」を一気読みしました~

一気読みありがとうございます! あんなに長いのに一気読み……(嬉)。
リョーコとセス王子、今後も色々ある予定です。頑張って続きを書いていきますので、よろしくお願いします。
楽しんでいただけるよう、頑張ります!

>またもや良い所で!~

焦らすのは得意です!(爽やか)
その術中にハマっていただければこちらの狙い通り……。次の更新も頑張ります!

>リョーコが最近かわいくてしかたがありません。

リョーコ、可愛いですか! たとえそれが男の姿でも!(笑)
ありがとうございます。色々鈍感な彼女ですが、これからも頑張らせる予定です!

>りょ、リョーコがついにプロポーズを!?

ええ、とうとうプロポーズしました!(大嘘) 男らしく、きっぱりとプロポーズを(略)
セス王子は切ない感じのところを突き進んでもらおうと思ってます。んん? つまり報われないということか?(自問自答)

>はじめて拝読させていただきました。~

ありがとうございます!
面白いと言っていただけるのが、一番励みになります! これからも頑張って書いていきますので、よろしくお願いします。

>アレックス好きだーー!

ありがとうございますーー!

>でも、セス王子はもっと大好きだ--!

わはは、ありがとうございますーー!
どっちがリョーコとくっつくのか(話の中では)曖昧なままですが、リョーコもセス王子もこれから色々ありますので、楽しんでいただければなあ、と。
色々企んでます……( ̄ー ̄)

>瀕死の彼を救うには、やはりリョーコからの熱いキスか?~

うふふ、それは効きそうですね!(笑)
絶対、眠り姫以上の効果が……って。
この場合、セス王子が眠り姫なんでしょーか?(その通り)
リョーコには男らしく彼に迫ってもらわないといけないですね(←どこまで本気?)。

皆様、本当にコメントありがとうございました!
反応がいただけるって幸せです。ええ、もう、大感謝なのです。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1361-e6af941c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。