スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了。

2006年05月31日 22:26

今日アマゾンから届いたダールの本、読了。

ことっとスタート
ことっとスタート

奥手の男性が惚れた女性が大切にしているのは亀。男性はその女性の亀を使って、彼女に……。
荒技だな、おい。という感じがします。

で、もう一冊読了。

もつれっぱなし
もつれっぱなし

地の文章はなく、最初から最後まで会話文のみで進みます。
井上さんらしい作品だなあ、と。面白かったー。
しかし、後書きに「99人の最終列車」がDVDで発売、と書いてあって、ものすごく気になります。
ちょっと欲しいかも。あれは書籍にはできないですものね……。

で、さらにブリジット・オベールの小説も読もうかと思ったのですが、シリーズ一作目の「死の仕立屋」をまだ読んでいないことに気づく。
私の部屋のこの本の山のどこかにあるはずだ(またそのパターン?)。
しかし、新刊の「神のはらわた」のあらすじの最後に、「ユーモアとサスペンスをふんだんに盛り込んだ内臓狂想曲」とあって、何だか相変わらずだなあ、と思ったり。
この、B級すれすれになりそうなブリジット・オベールの作品が好きだ。

さて、今度こそ執筆モードに切り替えます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1323-5411c886
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。