スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ったり観たり。

2006年03月15日 22:42

本日の購入本。

20世紀少年 21―本格科学冒険漫画 (21)
20世紀少年 21―本格科学冒険漫画 (21)

淑女の休日
淑女の休日

おせっかい
おせっかい

とりあえず、20世紀少年だけ読了。
そろそろ大詰めなのか? とか思いますが、展開が読めないからまだまだ続くのかも?
相変わらず面白いです。

で、DVDのほうはといえば、これを鑑賞。

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション

ジム・キャリーが良い味を出しています。彼というとコメディ、というイメージが強かったので、ちょっと意外。

ストーリーはといえば。
ある女性と恋人関係になったものの、急に彼女が自分のことを忘れてしまう。それはどうやら、ある会社に依頼して、自分の記憶を消してしまったらしい。
しかも、彼女は新しい彼氏を作ってしまって、それを見ていられなくなった主人公も、じゃあ、自分も彼女に関する記憶を消してもらおう、とその会社へ。

しかし、消してしまおうと思った記憶も、だんだん大切になってくる。
でも、記憶消去のためのプログラムはとめられない。
それでも、彼女の記憶だけは失いたくない。
どうする、ジム・キャリー。

ってな感じ。
うん、面白かったので満足。

で、レンタルを返しにいって、また借りてしまいました。
というわけで、さっくりともう一本鑑賞。

CUBE2 キューブ 2 特別版
CUBE2 キューブ 2 特別版

1が面白かったので、少しだけ期待はしてました。
でも、普通だったかも。前作ほどの緊迫感はありませんでした。
こういうシリーズ物って、だんだん映像も過激になるのかなー、とか思っていたのですが、1よりもおとなしめです。グロイところもありません。
いかにも3に続くよ、といった終わりかたでしたね。
謎はまだ解けてないから、次に期待、なのかなあ。

まあ、観てない人には解らない呟きですけども。

まさか、「生」で?
ワイルドだなあ。


つか、友人に「SAW」が面白いから観なよ、と言われてちょっと悩んでます。
だって、どこかの部屋に閉じこめられていて、鎖でつながれていて、のこぎりがそばにあるんでしょ?

答えは一つじゃん!

明らかに痛そうな展開だと解っていると、借りるのに躊躇が生まれます。
うっかり借りたら意外に痛かった、っていうのだったら仕方ないんだけど。

ホラーは好きですが、意外に小心者なんです、私。
「蝋人形の館」が観られるなら、「SAW」だって観られるよ、とも言われましたが、やっぱり痛い展開なんじゃーん!

そういや、グロイと言われてまだ「キルビル」も観てません。最初にそういう話を聞いてしまうと、なかなか観る勇気が出ません。
タランティーノの新作も、とんでもなくグロイという噂を聞きました。
うーん、「SIN SITY」もグロかったのですが、白黒映画っぽかったから観てられたっぽい感じだし……と、尻込み中……。


まあ、そんなことはさておきとして、現在は「魔女」に手をつけました。
まったりと執筆モードに突入です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1248-e9aaa82e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。