スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで。

2006年03月02日 23:27

「イナフ」を鑑賞。

イナフ コレクターズ・エディション
イナフ コレクターズ・エディション

映画館でも観たことがありますが、展開は読めるものの面白い。
まあ、あれですね。最初は弱かった女性が戦う、っていう展開が私は好きなんですな。

というわけで、古い作品ですが、これも好きです。



愛がこわれるとき
愛がこわれるとき

これも、イナフと同じく、暴力夫に嫌気が差した妻が、自分が死んだように見せかけて彼のところから逃げ出すものの、ストーカー夫がどこまでも追ってくる、ってな話。
それに戦う妻。

後は、本ですがこんなのもアリ。

スワンの怒り
スワンの怒り

オデブちゃんで子持ちの女性。でも、夫を狙う殺人鬼に夫と娘を殺され、自分も殺されそうになって重傷。
顔にとんでもない怪我を負って、整形したら、ものすごい美女に。
でも、生きる気力がない彼女は殺人鬼への復讐だけを頭に行動を開始。
そうしているうちに、殺人鬼の狙いが解って……という内容。
ロマンス色濃厚。

何だか他にも似たような女性が戦う小説をたくさん読んだ気もしますが、タイトル失念しました。

ちなみに、私が小説らしきものを書き始めた頃に、似たようなサスペンス物を書きました。
主人公の女性が殺人犯に追われる羽目になって、味方がいなくて一人で戦う展開の。これが初めて完結させた作品(作品と呼ぶのも恥ずかしい)ですが、今読むと、恥ずかしいくらいに甘さがある展開でした。

というわけで、そのときにサイトを持っていなくて良かったと思うnekoiです。あんなの他人様に見せられない……。

でも、他の小説書きさんが一番最初に書いた作品がどんなものなのか、聞いてみたい気がします。
好きなサイトマスターさんなら特に。


まあ、そんなことはさておきとして、バイト先で友人が映画の話をしているときに突然呟いたのですが。

友人「アイ・シー・デッド・ピーポー」
私「シックス・センス?」(あれも良かったなあ)
友人「フォー・ザ・ピーポー、バイ・ザ・ピーポー」
私「……」

意味が解らん。

というわけで、私はこんな日常を送っていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
うちの課長もだんだんたくさんの人になついてくれて、嬉しいですね!
まあ、アレですよ。私のネーミングセンスについては触れないほうが良いと思います。

さて、以下は拍手レスとかー。
緊張感が良いと言ってくださったかた、ありがとうございます!
彼の腕の見せ所か? と思いつつ、敵が敵ですからねー、と他人事のように言ってみます(笑)。

そして、Tさん(Cさん?)、お久しぶりです!(と、ここでも叫んでおきます)
これからも頑張りますよ! ありがとうございます!

そして、名前は恥ずかしいと言ってくださったあなた、了解です( ̄ー ̄)
リョーコの前で格好をつけられるかどうかが見所の(笑)彼ですが、頑張って良いところを見せられるように努力させようと思います。
ちなみに、私も課長には噛まれましたよ!
機嫌が良いときには、撫でるとお腹を見せて喜ぶくせに!(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1237-9d0b6c04
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。