スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入。

2006年02月08日 16:52

DEATH NOTE 10 (10)
DEATH NOTE 10 (10)

映画化になるという話ですが、うーん、不安である。

それと、文庫が二冊。

さらわれたい女
さらわれたい女

緋友禅
緋友禅

さらに、書店で四巻まで見つけたので購入。
六巻完結らしい。

王国の鍵 (1)
王国の鍵 (1)

とりあえず、五巻と六巻はアマゾンで買えばイイやー、と思って帰宅。
注文しようと思ったら、五巻は在庫あったものの、肝心の完結編となる六巻が品切れ、古本にて1600円ナリ。

1600円、定価の三倍ですね……orz
重版してくれないかなあ……。

とりあえず、六巻が見つかってから読もうと思うので、枕元に積んでおきます。

さて。

ちょっと真面目な話、実はしばらく前に「辺境の魔術師」について、「紫堂恭子さんの『辺境警備』を真似しすぎていないですか?」と一言メールでご質問を頂きまして、それで『辺境警備』を購入した次第。
返信不要にチェックがついていたので、どうしたものかと悩みましたが、ええと、ご質問なさってきたかた、ご要望などございましたらぜひメールアドレスつきでもう一度ご連絡下さい。
できる範囲で対応させていただきます。

何はともあれ、面白いコミックをご紹介いただいたことになりますので、棚ぼた、とか呟いておきます。

でも、読んでみたら確かにネタが被っていまして。
舞台が辺境の村であること、冒頭で主人公たちが都で問題を起こして左遷(?)してくる、魔術師の使い魔が鳥、とか。
内容とかストーリーは違うと私は思ったのですが、これも主観ですし、他の人が読めば違うように感じるのかもしれません。

他にもご不快に感じられたかたがいらっしゃいましたら、ぜひご連絡いただけると助かります。

とりあえず、DEATH NOTEの新刊は読み終わったので、大人しく執筆モードに突入します。
気力が余ってたら深夜辺りにバトンにも答える予定。

そして、拍手にも反応ー。
そろそろ40万ヒットですよー!
これも足を運んでくださる皆様のおかげです。そして、コメントを送ってくださるあなたの……(そっと手を握りつつ)。
そしてキースの勇姿(笑)。
ええ、頑張らせていただきます!


コメント

  1. きんさんぎんさん | URL | -

    ああどうしよう
    これって「よこレス」とか言われるものになるのだろうか
    (インタの用語はいまいちよくわからないのですが)
    と思いつつ気になったので書いてみます。
    シドウさん(漢字変換が面倒なので片仮名で失礼)の本は読んだことあります。
    nekoiさんのお話を初めて拝見した時、確かに似ていると感じました。
    もしかして影響されているのかな、とも思いました。
    けれどnekoiさんがシドウさんを知らなかった、ということを知り
    それはそれで妙に納得しています。
    この世には不思議なことがあるものなのです。
    もうホントに偶然としかいいようのない不思議なこと。
    むかし、私も少しだけ小説を書いてました。
    自分で書いて自分で読むだけなので日記のようなものでしたが。
    その話を書いて数日後、中の登場人物と同じ名前の人に出会いました。
    話の中で自動車数台の名前(車種)を書いたのですが
    それと全く同じ名前を羅列した、見知らぬ人の小説を見つけました。
    話の中でとあるセリフを書きました。
    TVの洋画劇場を見ていたら同じセリフをしゃべる悪役。
    もしかして私には予知能力が!?などと思ったものですが
    そうではなく、この世の中には同じ想像の世界を持つ人がいるんだと
    今は思っています。
    nekoiさんとシドウさんが同じ世界観・・・素敵なことですよね。
    好きなジャンルの作家さんが多いのは、読手としては非常にうれしいことだと
    私は思います。

    というわけで「辺境の魔術師」の続きもお待ちしておりまーす。
    (せかしてないですよーほほほ)

  2. nekoi | URL | mQop/nM.

    コメントありがとうございます(^-^)

    しかし、やっぱり似ていると感じられましたか!
    何というか、「辺境警備」を読んだときに思ったのは、こういう話を書きたいなあ、ということだったので、色々考えさせられました。
    紫堂さんの作品が完成度が高いからでしょうか、自分がこういう話を書いているのが申し訳ないというか、何というか。

    「辺境の魔術師」の最初のほうは、コメディ中心の王道ファンタジーを書こうと思っていたので、主人公二人以外はあまり考えずにあっさりと設定やらストーリー展開やらを決めてしまったので、それも敗因かなあ、と思います。

    特に、私のところの魔術師の使い魔が鳥、っていうのはちょっと駄目ですね(笑)。私、「メッセージを送る使い魔=伝書鳩」のイメージで決めてしまった……。せめてフクロウにしておけば!(ハリー・ポッター?)

    それは冗談にしても、これからはもう少し良く考えてから設定などを決めようと思います。
    とても良いきっかけとなりました。

    これからもマイペースで頑張りますので、のんびりお付き合いいただけると嬉しいです。
    本当にコメントありがとうございました! 嬉しかったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nekoi2000.blog23.fc2.com/tb.php/1212-94ebbcec
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。