スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆面作家企画3 夏の陣

2007年09月15日 23:53

せっかくなのでテンプレートをお借りして、「意気込み」をあっさりまとめてみます。

■作者名
nekoi

■サイト名&アドレス
猫のあしあと。
http://www.h5.dion.ne.jp/~nekoi/

■参加ブロック
Bブロック

■自己紹介、プロフィールページはありますか?
一応、こんなのがあったりします。

■好きなWEB作家さん&WEB小説作品はありますか?
葉山郁さん@氷の花束
かなんさん@RIPPLE
TERUさん@Script1
本当に一部ですが。

■好きな作家さん&作品を教えてください。
この辺参照。

■最近読んだ本の中で、オススメの1冊と言えば何ですか?
最近はあまり本を読んでいないのですが、「精霊の守り人」と「闇の守り人」は面白かったです。

■作家以外の趣味はなんですか?
映画鑑賞です。B級ホラー好きなんです。

■今まで、覆面作家企画に参加されたことはありますか?
1と2、両方出させていただきました。

■前回参加時、あなたの作品はどなたの作品だと間違われましたか?
正解されるかたが多かったのですが(結構バレてた感が……)藍真珠さんや、深海いわしさんに間違われたような……?

■前回参加時、あなたは誰の作品の作者と間違われましたか?
深海いわしさんや冬城カナエさん、鶏米チャボさん……かな?

■前回と同じブロックだった作者さん、今回もいますか?
文染アヤノさんがいらっしゃいますね。今回もよろしくお願いします。

■この人にだけは当てられたくない、という探偵さんはいますか?
いえ、むしろ当てて欲しいです。ぜひとも。せめて一人くらいには。

■この人には当てられるかも、という探偵さんはいますか?
tomoyaさんは鋭そうです。

■この作品を書くのに、どのくらい時間がかかりましたか?
二日くらいです。推敲にさらに二日くらい。

■推理をかわすための作戦は?
はい、ちょっとだけこっそりと。

■ズバリ言って、今回、あなたの作品を推理するのは簡単ですか?
いや、結構皆さんトラップをかけてきているような感じがするので、良い感じに惑わされそうです。

■この企画のために書いた作品、他にもありましたか?
書きましたが、そちらはあまりにもストレートすぎたのでボツにしました。

■その作品を提出しなかった理由は?
前回や前々回に書いた作品と雰囲気が似ていたため。

■あなたが最近、良く書いている作品のジャンルは何ですか?
ファンタジー一辺倒です。

■この企画への参加作品以外で、一番最近書いた作品は?
サイトで連載している作品「三つの月が眠るまで」です。

■その作品は、推理のための重要なヒントになりますか?
いえ、あまり参考にはならないかと。

■探偵さんに一言。
よろしくお願いします。

■前回、当てることのできた作者さんはいましたか?
葉山さんはばっちりと。他のかたは自信なかったのですが、当たったかたもいらっしゃいました。

■前回の正解率は?
当てられたのは80パーセントくらいでしょうか。
自分はあまり推理できなかったので、微妙。

■今回、絶対に作品を当てたい作者さんはいますか?
葉山さんとtomoyaさんと高村さんを。む、無理かな……。

■今回の推理のポイントはなんですか?
ほぼ、勘。

■今回の正解率、どのくらいだと予想しますか?
目指せ30パーセントです。当てられるほうと当てるほう、両方とも。

推理はほとんどできないような気もしますが、たくさん読んで楽しませていただきます。
スポンサーサイト

覆面作家企画2 あとがき。

2007年02月13日 23:08

さて、せっかくですのであとがきを書いてみようと思います。
テンプレートはネジ子さま(追憶の夜想曲)よりお借りしました。ありがとうございます。

[覆面作家企画2 あとがき。]の続きを読む

小ネタ。

2005年02月14日 23:59

「世の中はバレンタインという風習があるみたいですね」
 シーンはふと思いだしたように言った。「まあ、我々が住んでいる世界ではそういう風習はないみたいですが」
 辺境の村、ベイシーコートでは確かにそういった風習はない。もちろん、都のアラゼスタでも。
「バレンタイン?」
 キース読んでいた書物から視線を上げ、自分の右側にあるテーブルの上に置かれたお茶の入ったカップを見やる。それから、手作りらしいクッキーの乗った皿を手にしたシーンを見つめ、小さく首を傾げた。
「それはどういう風習だ?」
「女の子が好きな異性にプレゼントとしてチョコレートを贈るらしいですよ」
「なるほど……」
 キースはそれを聞いて、肘掛けで頬杖をつきながら、しばらく何ごとか考え込んでいた。そして、わずかに真剣な眼差しでシーンを見つめ直し、静かに言った。
「それは、自分の躰にチョコレートを塗って相手に」
「違います」


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。